鏡開きを行う日にちは地域によって差はあるようですが、

一般的に1月11日が鏡開きの日とされています。

 

そもそも鏡開きとは、お正月に仏様や神様にお供えしていた鏡餅を下げ

それをいただくという風習です。

お供えしていた食べ物には力が備わると考えられ、

仏様や神様に感謝しながらいただくことで、その年の無病息災を願います。

20170111-1

鏡餅をいただく際、包丁で切ると切腹を連想させるため、

包丁で切らずに木槌などで開くことが縁起がよいとされています。

 

開いた鏡餅はご家族皆さんで召し上がってください。

お餅を使ったレシピを「兵四郎レシピ」にご案内しております。

20170111

ぜひ、参考にしていただき、ご家族の皆様が今年一年無病息災に過ごせますよう

私どももお祈りしております。