今日は二十四節気の3番目「啓蟄(けいちつ)」です。

難しい字を書きますが、暖かくなって生き物が地中から出てくる時期をいいます。

福岡では一昨日から昨日にかけて春の嵐が吹き荒れましたが

今日はうってかわって穏やかなお天気になりました。

 

実は「啓蟄の日にひな人形を片づけると良い」とされています。

それはなぜなのでしょう?

ひな人形は女の子の代わりに厄を受けてくれるといわれ、

長く出していると厄が戻ってしまうと考えられたり、

いつまでも出しているときちんと片づけができない

だらしない印象を与えたりするので、早くしまった方がいいといわれています。

昔はお子さんにひな人形の大変な片づけを教えることは花嫁修業の一環だったのだとか。

そのため、昔の人は

「片付けができない⇒お嫁さんになれない⇒嫁に行き遅れる」

と言うようになったのかもしれませんね。

 

いずれにせよ、今日はとてもお天気がいいのでひな人形をしまうのには絶好の日和。

来年にまたきれいなおひな様を飾れるよう、

お子さんといっしょにお片付けができるといいですね。

 

啓蟄は春分の日までの期間を指すこともあるのですが、

いよいよ春の訪れを感じますね。

この季節になると、いろんな鮮やかな花が咲き、植物が芽吹きます。

食卓も春を感じる食材を選んでみませんか。

あさりと菜の花のお吸い物

春色ごはん