福岡の真ん中、天神にて開催する薪能。

今年も特別協賛をさせていただき、大変多くのお客様にご来場いただきましたこと、

改めて御礼申し上げます。

 

演目はまず始めに、人間国宝の山本東次郎さんによる狂言「千鳥」。

主人から酒を買ってくるように命じられた召使ですが、

支払いが滞っているために酒を譲らない酒屋。

そこで召使があの手この手で酒屋の気を引き、酒樽を持ち去ろうとするお話です。

 

狂言が終わると、火入れ式を行います。

今年も弊社社長が火入れの大役を務めました。

 

次に能「葵上」が演じられます。

光源氏の正妻・葵上への嫉妬に狂い、生魂となった六条御息所。

葵上が懐妊中に容体が急変したため、法力を持つ小聖が祈祷をすると

鬼女となった御息所の霊が現れて激しい戦いを繰り広げるという、なんとも恐ろしいお話。

 

事前に演目の解説もあるため、難しいながらもなんとなく分かりました。

有難いことです…。

 

会場では「純米吟醸 兵四郎」の試飲をしていただいたところ、

黒山の人だかりができるほど、大変ご好評をいただきました。

今年も日常的にふれることのない日本の伝統文化に酔う、素晴らしい一夜となりました。

荘厳な雰囲気と幽玄の美を、ご来場の皆様もきっとご堪能いただけたのではないでしょうか。

演者の皆様、ご来場の皆様、誠にありがとうございました。