食育の一環として、昨年から年間を通して田植え、稲刈り、餅つきと

子どもたちに体験してもらってきました。

先日は最後の体験として、米粉でカップケーキを作って販売体験です。

今回集まったのは84名の子どもたち。

部分的に参加する子どもさんもいる中、

なんと全部の体験に参加した子どもさんが23名もおられました。

普段、毎日食べているごはんが、どのように育てられ

どのようにお米になるのか、そして消費者の手元に届くのか。

少しでも理解してもらえてたらうれしいです。

 

子どもたちでカップケーキをつくり、

 

チョコやカラースプレー、生クリームなどをつかって思い思いの飾りつけ。

世界で一つだけのカップケーキが出来ました。

このカップケーキを販売するのですが、販売するにあたりお持ち帰り用の紙袋を用意し、

イラストを描いてもらいました。

どのようにすればお客さんに喜んでもらえるかな?ということが課題です。

思いのこもった紙袋が出来ました!

さぁ、最後はダミーのお金を用意し、お店の人とお客さんの役を交代しながら

カップケーキの販売体験です。

お店の人の役をした子どもたちは、慣れないトングを使ってカップケーキを紙袋に入れ、

両手を使って丁寧に渡していました。

みんなきちんと「ありがとうございました」と言えていましたよ。

みんなとても楽しそうに参加してくれていたようで、スタッフ一同大変うれしく思うとともに、

無事に最後までやり終えた安堵感でいっぱいになりました。

これまで参加してくれた子どもたち、またお世話をしてくださった引率の皆様、

本当にありがとうございました。