今年度は2ヶ月に一度、ランチ会として手づくりの昼食が振る舞われているのですが、

第2回の今回は、なんと弊社にインターンシップに来られている7名の学生さんが

腕によりをかけてつくってくださいました!

 

メニューは“従業員のみんなを喜ばせたい”という一心で、

アイディアを出し合って考えてくださいました。

出来上がったのは・・・

“夏を乗りきろう”をコンセプトに、「BUTADON(豚丼)」と「フルーツポンチ」♪

BUTADONは「ゆずの雫」を使用し、さっぱりとした味に仕上がりました。

豚肉には疲労回復や夏バテ解消、乳酸の除去などの効果があるとされ、

このコンセプトにピッタリの食材ですね。

 

フルーツポンチには「飲む酢あまおう」「兵四郎の泡水」を使用。

みかん、もも、パイナップル、キウイのフルーツと

かき氷シロップをゼラチンで固めたものを花形に抜いてトッピング。

見た目にも涼しげで爽やかなフルーツポンチに、従業員一同大感激!

 

学生さんは料理経験があまりなく、キャベツの千切りに苦戦したようです。

最初は太く切りすぎたり、きちんと切れていなくて繋がっていたりしていましたが

慣れてくるとリズムよくきれいに千切りができるようになっていました。

千切りを担当していた学生さんはその達成感に満ち溢れていました。

また、こんなに大量に料理をすることも初めてで、ずいぶん苦労されたようです。

最初はできなくても繰り返し挑戦すると、いい結果に繋がるということを

改めて実感しました。

 

学生の皆さん、ごちそうさまでした!

どちらもとても美味しかったです♪