12月に入り、福岡もグッと冷え込んでまいりました。

こんな時はあったか~~い鍋物が一番!

福岡のソウルフード【もつ鍋】も、近年は全国の皆様のお宅でも

ずいぶん食べられるようになったようですね。

 

市場には“もつ鍋のスープ”が売られていますが、わざわざ買わなくても

「あご入兵四郎だし」「えろーうもおてごめんつゆ」があればすぐにつくれます♪

スープそのものはとてもあっさりしているので、たくさん食べられます。

もつが苦手な方や、もつが手に入らなかった場合は【豚肉でもつ鍋風】もおすすめですよ。

 

 

福岡県人はいろんな料理に「柚子こしょう」を使うのですが、

特に鍋物の時は忘れちゃいけないアイテムです!

柚子の上品で爽やかな香りと、唐辛子のピリッとした刺激、食をそそる塩味で

鍋物とは絶妙の相性。

 

味の兵四郎の「柚子こしょう」は2種類。

どちらも原材料は九州産の柚子の皮と、早朝に摘んできたばかりの唐辛子、

長崎の海水からできた塩を使っていますが、加工する際の柚子や唐辛子の熟度が違います。

★「柚子こしょう〈青〉」

青柚子と青唐辛子を使用。

爽やかな風味と辛みが特長で、食べた瞬間にピリッとした刺激があります。

 

★「柚子こしょう〈赤〉」

黄柚子と赤唐辛子を使用。

まろやかな香りと角のない辛みが特長で、食べた後からじんわり刺激が広がります。

 

【もつ鍋】との相性も最高です!

今夜は「あご入兵四郎だし」と「えろーうもおてごめんつゆ」、「柚子こしょう」で

【もつ鍋】で温まりませんか?