博多駅“博多マルイ”1階にある「だし処兵四郎」のオープン時に大変お世話になった方から、

毎年いただいている干支の和紙人形。

裃を身にまとって正座をし、軽く手をつきご挨拶をしているかのようです。

 

毎年、頭と手の部分が新しい干支に代わります。

弊社のロゴが丸から四角に変わったのに伴い、

肩衣の紋に見立てたロゴも、ちゃんと変わっているという細かい心遣いも見受けられ

さらに感激いたしました。

 

子年の今年はネズミ。

とてもリアルで精巧に作られており、その迫力にハッとするほどです。

 

設計図は全くなく、すべて頭の中で組み立てられるのだそう。

手先の器用さだけでなく、その頭脳にも驚かされます。

これも、長年の経験のなす業なのでしょうね。

 

現在、5階総務部に飾らせていただき、

ご来社の皆様にご挨拶を申し上げております。

弊社にお越しの機会があれば、ぜひご覧くださいませ。