熱中症といえば真夏の大量に汗をかくときになるものと思っていませんか?

実は梅雨のこの時期も熱中症には要注意!

湿気が高いので汗が蒸発しにくく、体に熱がこもりやすいうえ、

体が暑さに慣れていないので、体温調節が上手にできず熱中症を引き起こしやすいのです。

特に梅雨の晴れ間や梅雨明けの急に暑くなったときに、起こりやすいそうです。

また、最近はマスクの着用で熱がこもりやすい状況になり、熱中症のリスクが上がっています。

 

熱中症予防には、のどの渇きを感じる前にこまめな水分補給をすることが大切。

大量に汗をかいた場合は、薄めたスポーツ飲料や塩分(ミネラル)を含んだ水分を摂りましょう。

ただし、スポーツ飲料は糖分や塩分が多く含まれているので注意が必要です。

日本人の平均食塩摂取量からみると、大量の汗をかいた場合でなければ

塩分補給をしなくても水分補給だけで十分ともいわれています。

 

では、どんなものを飲めばいいのでしょう?

糖分のある飲み物は急激な血糖値の上昇につながります。

また、カフェインを多く含むコーヒー、紅茶、栄養ドリンクや、

アルコールなど利尿作用がある飲み物はさけた方がいいでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが“ほうじ茶”。

ほうじ茶は茶葉を煎るときにカフェインが飛ぶので、

ほんのわずかしか残りません。

緑茶同様、ポリフェノールやフラボノイドを含み、

カテキンによる殺菌効果も兼ね備えています。

また、ほうじ茶は煎る工程で血管を拡張する作用がある

ピラジンが増えるため、血流が良くなって体を温めてくれます。

ピラジンはリラックス効果や疲労回復効果も期待できるので、

冷房で体が冷えてしまう季節は、そういう意味でもほうじ茶はおすすめです。

 

 

そんなうれしい効果が期待できるほうじ茶は、ぜひ「天空の焙茶」をお選びください。

農薬・化学肥料不使用の茶畑で栽培された「かなやみどり」の一番茶を深煎りにしたもので

茶葉の旨みと茎の爽やかさをお楽しみいただけます。

農薬・化学肥料不使用であるうえ、カフェインが少ないので、

赤ちゃんや妊娠中の方でも安心して飲んでいただけます。

就寝前に飲んでも眠りを妨げにくいのもうれしいですね。

 

暑さや湿気で不快になりがちな季節。

ぜひ香ばしくさっぱりした味わいの「天空の焙茶」をお楽しみくださいませ。