緑茶が体にいいことはなんとなくでも多くの方がご存じですよね。

今の時期、とってもうれしい免疫力アップにも威力を発揮するとのこと。

とはいえ、こう毎日暑いと熱いお茶を飲むのはちょっと…という方も多いかと思います。

 

熱い湯で淹れて冷ました緑茶を冷蔵庫に入れて飲んでいる方に、

ぜひおすすめしたいのが、免疫力アップに役立ち

煮出す時間も手間も省けて、キッチンも暑くならない水出し緑茶!

水出し緑茶にした場合、緑茶に複数含まれるカテキン成分の中でも

エピガロカテキンが多く抽出されます。

このエピガロカテキンは、体の免疫力を活性化するという研究報告があり、

今注目されている成分なのです。

熱い湯で淹れて冷ましたものではあまりたくさん抽出されませんが、

水出し、それも低い水温で長時間浸すことでたくさん抽出されるんだとか。

(熱湯で淹れた緑茶からは、抗菌や抗ウイルス効果が期待され、
紫外線による肌の老化を防いだり、シミを予防したりする効果が期待できるそうです。)

 

カテキンはお茶の渋み成分ですが、エピガロカテキンは渋みや苦み成分より、

旨み成分がたっぷり抽出されるので、とてもおいしいんです!

カフェインは抽出されにくいので、睡眠前や妊娠中の方にも安心ですね。

 

★水出し茶の作りかた

 

水1ℓに対して茶葉5~10gの割合で

冷茶ポットに入れ、冷蔵庫で一晩おくだけ。
(茶葉の量はお好みで調節してください。)

 

 

 

 

 

使用する茶葉はもちろん「天空の深緑」を!

じっくり浸して抽出させるので、無農薬の茶葉が安心ですね。