今年の夏は全国各地で猛暑となっております。

熱中症対策などの体調管理と同様にお肌のケアを気にされている方も多くいることでしょう。

 

夏のお肌の悩みとしてよく挙げられるのが「ベタつき」。

炎天下で、少し外出しただけで汗をかき不快に感じることがありませんか?

特に今年はマスクをしてお出かけすることが増えたので例年以上に気にされている方が多いはず。

そんな時は普段の食事を見直してみることが大切です。

 

かぼちゃや、ブロッコリーに含まれるビタミンCには皮脂の分泌を抑制する作用があります。

さらに活性酸素を除去する抗酸化成分が豊富に含まれているので、

シミやソバカスなどの色素沈着を防ぐ効果もあると言われています。

積極的に摂取していきたいですね!

 

また、豚肉や魚肉、キノコ類、卵などに多く含まれているビタミンB2は、

皮脂を分解する作用の他に抗酸化作用によりアンチエイジング効果が期待できます。

ニキビで悩んでいる方にもオススメです!

 

さらに納豆や豆乳に含まれているイソフラボンにも余分な皮脂の分泌を抑える働きがあります。

加えて肌の弾力を保つコラーゲンを増やして、ハリを保つ効果が見込まれます。

女性には大変うれしい栄養素ですね♪

 

今回はビタミンC、ビタミンB2、イソフラボンを多く含む食材で

夏のお肌をいたわってくれそうな料理を兵四郎レシピからご紹介します!

 

【かぼちゃサラダ

ビタミンCを多く含むかぼちゃを使用

【豚肉とこんにゃくのさっぱり煮

ビタミンB2を多く含む豚肉を使用

【まぐろとアボカドの納豆和え

イソフラボンを多く含む納豆を使用

 

体調管理と同じように食事を通してお肌のケアも行っていきましょう!