ここ数年で平熱が35℃台、またはそれ以下の“低体温”の人が増えています。

体温は免疫力と深い関係があり、体温が1℃下がると免疫力が30%も

低下するといわれています。

体が冷えて血流が悪くなると、免疫細胞が素早く対応できず、

ウィルスや細菌による影響を受けやすくなってしまいます。

 

体温を上げるには食生活の見直しと適度な運動を心がけることが大切。

食生活では体温を上げるといわれるものを摂りましょう。

たとえば、暖色系の食材、根菜、発酵食品、加熱したしょうが、甘酒など。

反対に、寒色系の食品、キャベツ、きゅうり、レタス、トマト、

ビール、コーヒー、牛乳などは体を冷やすので

体温が低い方はできるだけ避けた方がよさそうですね。

 

兵四郎レシピの中から、体温を上げる食材を使ったレシピをご案内いたします。

【かぼちゃのだし入肉みそ炒め】
★ポイント:かぼちゃとみそを使用

【根菜の煮物】
★ポイント:根菜をたっぷり使用

【ごま生姜鍋】
★ポイント:しょうがを使用

 

低体温の原因に筋肉量の低下ともいわれています。

1日30分は必ず歩く、リラックスしてゆっくりスクワットをする、

大股で早歩きをする、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を上る、

などの運動を毎日の習慣にして免疫力アップにつなげたいものです。