昨日11月24日は何の日だったかご存知ですか?

 

実は「いい(11)に(2)ほんしょ(4)く」と読む語呂合わせから、

11月24日は「和食の日」とされており日本人の伝統的な食文化について見直し、

和食文化の保護・継承の大切さについて考える日となっています。

 

日本の伝統的食文化である「和食」は2013年にユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

そんな世界に誇る「和食」の大きな特徴のひとつが、「だし」による旨みです。

甘味・酸味・塩味・苦味とともに旨みが基本の五味といわれ、「だし」の旨みは、和食の基本となります。

そこで今回は、和食には欠かせない「だし」を効かせた旨みたっぷりのレシピをご紹介いたします!

 

あご入兵四郎だしを使用した、さんまごはん

だしパックをパッと破り入れるだけで、「さんま」や「きのこ」と相性抜群な

簡単おいしい炊き込みご飯が作れます。

そして「さんま」にはビタミンが豊富に含まれているため、美容効果があるとされており、

皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力や抵抗力を高める効果があるので

これからの時期におすすめです。

 

 

あご入減塩だしを使った長いもと青菜の煮びたし

だしパックを煮出すだけで簡単に味付けができるので、短時間でおかずを作ることができ、

だしの旨みを堪能することができます。

また青菜には、ビタミンCや食物繊維も豊富で、

風邪予防・肥満予防・コレステロールの排泄作用など、幅広い健康効果が期待できます。

 

 

「あご入兵四郎だし」を使ったけんちん汁

だしパックを煮出して作る【けんちん汁】は、たっぷりの野菜の栄養が摂れるうえ、

旨みと香りも楽しめるひと品。

からだの芯から温めてくれそうです。

 

 

「だし」を使用して健康面もばっちりな和の献立をご案内いたしました。

ごはんと汁物に加えて、野菜などを中心とした主菜・副菜・副々菜のおかずを3つ揃えて一汁三菜にし、

健康に必要な栄養素をバランスよく摂取しましょう。

そして、上手に「だし」を活用することができれば、日本の伝統的な習わしを継承するだけではなく、

もっと料理をおいしく、そして、もっと多彩な料理を楽しむことができます。

今晩は、和食に囲まれた食卓にされてみてはいかがでしょうか。

世界に誇るべき食文化、「和食」のおいしさについて再発見してみませんか?