暦の上ではすでに冬を迎え、朝晩の冷え込みも日を追うごとに増してきましたね。

11月に入り、食卓にお鍋が登場する機会も増えてきたのではないでしょうか?

 

これまで「あご入兵四郎だし」でつくる【もつ鍋】など、和風のお鍋の

レシピをご紹介してきましたが、今回は洋風だし「野菜の旨みだし」

中華だし「とり枯れ節だし」でつくるお鍋のご紹介です。

 

時には普段とはひと味ちがうお鍋を楽しんでみませんか?

 

“洋風”

【トマト鍋】2人分

 

トマト缶を一缶丸ごと使った、にんにく香る洋風鍋です。

おいしくつくるポイントは「野菜の旨みだし」

水400ccに対して2袋使うこと!

アクセントに「柚子こしょう」を加えると、すっきりとした後味のよいお鍋に仕上がりますよ。

 

“中華風”

【ごま生姜鍋】2人分

 

「とり枯れ節だし」の燻製の香りと生姜のすっきりとした風味が

病みつきになるお鍋です。

また、チンゲン菜は晩秋が1年間を通して一番おいしいと

いわれていますので、今の時期に特にオススメです。

仕上げにごまをたっぷりかけてお召し上がりください。

 

他にもレシピページではお鍋のレシピを多数ご紹介しておりますので、

ぜひご覧ください。

 

寒い日は温かいお鍋を食べて体の芯から温まりましょう!