気温が下がってくると、インフルエンザにかかりやすくなります。

緑茶に含まれる“カテキン”はあらゆる型のインフルエンザウィルスに効果が見込めるんだとか。

新型インフルエンザの感染も抑制できると、飲料メーカーが大学との共同研究で発表しています。

インフルエンザワクチンを打っても、型が違ったらあまり効果が期待できません。

緑茶を飲むという簡単な方法でインフルエンザの予防ができるなら、

こんなうれしいことはありませんね。

 

《おすすめの飲み方》

●温かい緑茶を飲む

●こまめに少しずつ、1日500ml以上を飲む

 

《+αでさらにパワーアップ!》

●+レモン汁:お茶が酸性に近くなり、ウィルス感染を阻害する効果がアップ!

●+しょうが:からだポカポカで抵抗力がアップ!

 

緑茶パワーを余すことなく取り込むのにおすすめなのが「天空の碧」

茶葉を独自の製法で微粉末にしているので、茶葉の栄養をまるごと摂取できます。

 

「天空の深緑」で淹れた場合、茶殻にたくさんの栄養が残っているので

茶殻を料理に使いましょう!

【茶がらのふりかけ】

【野菜たっぷりミートローフ】

 

「天空のお茶シリーズ」はどれも農薬・化学肥料不使用。

茶葉をそのまま取り入れても安心ですね。

この冬はこまめに温かいお茶を飲んで、インフルエンザ予防に努めたいですね。