みそは古くから日本人になじみ深い食品。

栄養価も豊富で、“みそは医者いらず”と言い伝えがあるほどです。

 

みその原料である大豆に含まれるタンパク質には、生命維持活動に不可欠な

必須アミノ酸が肉と同じくらい豊富に含まれているのだとか。

大豆が“畑の肉”といわれるのも頷けますね。

その大豆を発酵させることにより、さらに栄養価はアップ!

みそにはその他にも、炭水化物、脂質、灰分、ビタミン、カリウム、マグネシウム、繊維質など

たくさんの栄養素が含まれています。

また、みそに含まれる麹菌や乳酸菌は腸内の善玉菌のエサとなり、

腸の働きを活発化し、免疫力を上げることに繋がります!!

 

そんな豊かな栄養をもつみそでつくるみそ汁は、味がおいしいのはもちろんですが、

口に含むとホッと心の栄養にもなるような気がします。

ところが、血圧を気にしてみそ汁を飲まない方がいらっしゃいます。

実は、みそ汁の塩分は血圧に影響しないという、大学の研究結果があるのです。

それどころか1日1杯程度のみそ汁を飲む人は、全く飲まない人に比べ

高血圧や脂質異常症になりにくいという報告まであるそうです。

どうしても気になる方は、塩分の排出を助けてくれるカリウムが豊富な

わかめやあおさなど海藻を入れるのがおすすめ。

 

その他、みそにはコレステロールの抑制、がんの予防、抗酸化作用、

美肌効果も期待できるといわれています。

ぜひ、毎日摂りたいですね。

 

具材をいっぱい入れた【豚汁】にすれば、それだけでおかずにもなります。

豚汁(兵四郎だし使用)

 

【味噌玉】をつくって保存しておくのもテですね。

味噌玉

 

みそ汁に含まれる塩分量は1杯につき約1.5gほど。

醤油をつけて食べるお寿司やカップ麺、カレーライスなどに比べれば

ごくわずかとも言えます。

みそ汁を飲んで、他の食品に少し気を付けた方がよさそうですね。

 

使うみそは「昔ながらの天然醸造 米みそ」を選んでみませんか?

原料には農薬・化学肥料不使用の「兵四郎米」と福岡県産大豆「ふくゆたか」、

「赤穂の塩」を使い、伝統の製法で手間ひまかけて手づくりしています。

保存料や酸化防止剤は一切使用せず、熱処理もしていない「生きたみそ」。

ほんのり甘く、優しい味わいをぜひお楽しみください。