9月の第3月曜日は敬老の日です。

今年は9月20日の月曜日が敬老の日にあたりますが、皆さんはどんな過ごし方をされますか?

敬老の日は「長い年月にわたって社会に貢献してきた高齢者に敬意を示し、長寿をお祝いする」

ための祝日です。

家族みんなで楽しめるお祝い料理をつくって、一家団欒に花を咲かせるよい機会かもしれませんね。

そこで、今回は敬老の日にオススメしたいレシピを2つ紹介したいと思います!

 

1つ目のレシピに、【パプリカと長芋の鉄板焼き】はいかがでしょうか?

見た目も鮮やかで、家族で切り分けて食べていただきたいのがこちら。

中国では生薬としても利用されている長芋には胃腸を保護するはたらきや消化を促進させるはたらき

など、”食べる人に優しい”はたらきがあるとされています。

長芋に「あご入素材だし」やパプリカなどを加えた生地で、ふっくらおいしい鉄板焼きを食卓の真ん中に

彩りたいですね。

 

続いて、【焼きいなり】はいかがでしょうか?

「たもぎ茸入 きのこの旨みだし」をつかった【炊き込みご飯】のアレンジレシピです。

大人から子供まで人気の高いいなり寿司は、本来神様へのお供え物であったことから縁起物と

されている食べ物。

焼き色をつけた油揚げに炊き込みご飯を詰めて仕上げにしょうがと青ねぎを飾れば、こちらも

お祝いにピッタリな可愛らしい見た目に♪

 

日頃から感謝の思いを伝えることは難しいものですが、ぜひこの機会に「ありがとう」を言葉で、

そして身体に優しいお祝い料理でお伝えしてみてはいかがでしょうか?