コロナ禍で社会活動も例年通りといかない毎日で、学生さんの就職活動も大変だったのではないかと

推察します。

そんな中、弊社にも2名の新しい人材が仲間入りしようとしています。

先日、内定式を行いました。

 

ふたりは緊張した面持ちで内定証書を授与され、社会人に一歩近づいたのだと実感したことと思います。

その重みと喜びをかみしめたのではないでしょうか。

 

弊社からは

「近年、コロナ禍で新しい社会になりつつある。だからこそ、新たなことにチャレンジしてもらいたい!」

と檄を飛ばしました。

内定者あいさつでは社会に出るにあたり、堂々と意気込みを語る様子を目にし、

頼もしささえ感じました。

その後、ふたりのイメージに合わせて用意したフラワーアレンジメントをプレゼント。

思わずふたりの顔にホッとした笑顔の花が咲きました♪

 

内定証書授与の後、会議室に移り入社1年目の社員との懇談会を持ちました。

学生時代に打ち込んできたサークルやアルバイトのことなどを交えながら自己紹介。

ピリッとした空気の内定式とは打って変わり、終始和やかな雰囲気で質問応答が行われました。

入社1年目の社員は後輩ができる喜びと、自分も成長しなければ!という自覚も

新たにしたとのこと。

内定者からは自分の立場に一番近い存在である彼らに、率直な質問をぶつけ

今の自分に落とし込んでいました。

社会人になることの期待や不安はいっぱいあることと思います。

それは誰もが通過する道。

同期入社のふたり、互いを大切にしながらうれしいことも大変なことも、分かち合えるといいですね。

 

春には入社の運びとなります。

今から楽しみです。