今日は24節気のひとつ、一年で一番日照時間が短い「冬至」。

冬至は毎年同じ日ではなく、その年によって1日ほど前後することがあり、

今年は22日になります。

 

冬至が一年で一番日が短いということは、翌日からは少しずつ日が長くなるということ。

別名《一陽来復(いちようらいふく)の日》ともいわれ、この日を境に力が甦り

運が向いてくるとされています。

 

「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めるといわれているのですが

“冬至の七草”には「ん」が2つ入っているため「運盛りの野菜」といわれ、

運を盛りかえす冬至に食べられるようになったそうです。

冬至の七草

なんきん(かぼちゃ)
れんこん
にんじん
ぎんなん
きんかん
かんてん
うんどん(うどん)

中でもかぼちゃは栄養価が高く、風邪予防に良いとされるビタミンAが豊富なこと、

保存がきくことから、冬至によく食べられるようになったのだとか。

また、中国では小豆の赤い色は厄除けの色とされ、冬至の日に小豆粥を食べる習慣が日本にも伝わり

【かぼちゃのいとこ煮】や小豆粥を食べるようになったそうです。

 

今夜は【かぼちゃのいとこ煮】を食べて、幸運を呼び込んでみませんか?

かぼちゃのいとこ煮

 

冬至の日には、食べ物の習慣の他、柚子湯に入る習慣もあります。

もともとは「一陽来復」の運を呼び込む前に、厄払いをするための禊と考えられていました。

 

柚子の強い香りには邪気を祓うという俗信があり、

柚子の実がなるまでに長い年月がかかることから、「長年の苦労が実りますように」との

願いも込められているそうです。

 

柚子湯に入ると体がポカポカ温まり、血行が良くなったり風邪を引きにくくなったりもします。

そして、何よりその香りは最高のリラックス効果になりそうですね。

 

冬至には柚子湯に入って体を温め、栄養豊富なかぼちゃをいただき、

身も心もリフレッシュすると、元気も運気もアップしそうですね。


2021年の『兵四郎のおいしいブログ』は今回が最後となります。

お読みいただき誠にありがとうございました。

来年も皆様の暮らしに寄り添うブログを更新できればと思います。

少し早いですが・・・

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。