一年中出回っているキャベツですが、最近はまぁるい春キャベツが店頭に並び、

“春だなぁ~”なんて感じますね。

通常のキャベツ(冬キャベツ)と春キャベツって、どう違うのか

今日はちょっと比較してみようと思います。

 

◆春キャベツ
~サラダや浅漬けなどの生食やスープ、みそ汁の具などに~

【春キャベツと油揚げの味噌汁】

・形状:球状
・葉:ふんわり緩く巻いていて薄い
・色:黄緑
・重さ:軽め
・味:みずみずしくて甘い
・旬:3~5月
                                               

 

◆冬キャベツ
~ロールキャベツやポトフなどの煮込み料理や炒め物などに~

【ロールキャベツ】

・形状:扁平
・葉:しっかり蜜に巻いていて分厚い
・色:白っぽい
・重さ:ずっしり重い
・味:甘い。加熱するとさらに甘みが強くなる
・旬:1~3月通年出回る(夏秋キャベツは7~8月)                     

春キャベツも冬キャベツも栄養価の面ではほぼ違いはなく、

ビタミンCやビタミンUが豊富!

その他にもカリウム、カルシウム、ビタミンK、食物繊維などが多く含まれています。

 

キャベツのビタミンCは外側の葉や芯の部分に多いそうで、

免疫力向上、風邪予防、美肌づくり、ストレス緩和によいとされています。

(★ビタミンCの含有量は春キャベツの方がうんと多いそうですよ!)

また、ビタミンUは胃腸薬の名前にも使われる“キャベジン”という成分で、

胃腸の健康維持によいとされています。

 

一年を通して出回るキャベツ。

春ならではの食べ方で楽しみませんか?