春はえんどう豆が旬を迎えます。

ひと言で“えんどう豆”といっても様々なものを見かけますね。

 

えんどう豆はマメ科エンドウ属の植物で、えんどうという品種の中に、

豆苗、絹さや(さやえんどう)、グリーンピース、えんどう豆があるようです。

全て同じ品種ですが、違いは収穫時期。

 

A.えんどう豆の芽(スプラウト):豆苗

料理例【豆苗のごま和え】
若い葉と茎を食べる緑黄色野菜。シャキシャキ食感が特長。


B.若いさやを収穫:さやえんどう(絹さや)

料理例【わかめとたけのこの煮物】
柔らかく、彩りとして添えられることが多い。


C.中の豆が完熟する前に収穫:グリーンピース(実えんどう)

料理例【お豆と桜えびの炊き込みご飯】
豆のみを彩りに使うほか、食感も楽しい。


D.中の豆が完熟した時に収穫:えんどう豆

 青えんどうは煮豆、甘納豆、うぐいす豆などに使用。赤えんどうはみつ豆、豆大福などに。

 

因みに、スナップえんどうはえんどう豆の仲間ではありますが、

グリーンピースをさやごと食べられるように品種改良したもので、アメリカから導入されました。

以上を踏まえて、豆苗をそのまま育て続けるとさやえんどうやグリーンピース、

えんどう豆になるのかも!

単純にいうとそうなりますね。

でも、きっと農家さんが精魂込めて育てているえんどう豆は

栄養や水やり、その他あらゆる手入れをして店頭に並んでいるはず。

そう簡単にはうまくできないのかもしれませんが、挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね。