暮らしにステキなトッピング!
Lesson.1「橋本彩子さんの旬のおみやげ《ちょこっとスーベニア》」

main

こちらのコーナーではお料理のちょっとしたコツやスタイリングなど、暮らしをステキにするアイデアをお届けします。今回は、マガジンで連載も担当してくださっている橋本彩子さん。お料理に使った食材と調味料のセットで、旬のおすそ分けのアイデアです。

▼スーベニア(おみやげ)もひと工夫

ホームパーティーをして残った野菜も、小分けにしてロウ紙袋に包めばパーティーの余韻も楽しめる手みやげに。ロウ紙とは、ロウソクにも使われているロウでコーティングされた袋です。築地でも魚を包むために使われているほどとても丈夫で水気にも強いので 、野菜などを詰めたおみやげ袋として活用できます。

1.東京築地場外市場の「パッケージタカタ」で購入したロウ紙袋と麻のヒモ、メッセージカードを用意します。

hashi_4062.余った食材や調味料をスーベニア(おみやげ)にします。

hashi_3483.こんな風にラッピングしたらできあがりです。 今回は、ハトメで穴をあけて麻ひもで結んでカードを付けました。簡単に紐で結ぶだけでも素敵です。

hashi_412

季節の味をご家族のみなさんにおすそわけ。そんな気持ちを込めたスーベニア(おみやげ)を作ってみませんか?

photo_hashimoto2

橋本彩子さん(はしもと・さいこ)/料理家

パーティーのケータリング料理、演出の他、
映画、CM、書籍などでの料理経験を積み独立。
その後、コルドンブルー東京校にてフランス料理を学ぶ。
現在は、料理、ファッション、食育関連の雑誌、Webでの
レシピ提案、テーブルスタイリングを中心に活動中。
季節感を生かした親しみやすいレシピに加えテーブルにも
新鮮なアイディアをプラスする。
http://www.hashimoto-saiko.com

橋本さんがデザインするオリジナルワークワンピース。
→詳しくはこちらから
tsukijimarche(本人着用)とlemon&blackoliveと2シリーズで発売中。

撮影:工藤朋子
テキスト:羽鳥靖子