朝ラクチン♩ささっとできる手作りお弁当

皆さんは普段、お弁当にどんなおかずを詰めていますか?毎日作るからこそ、無理なく負担をかけずに作りたいもの。電子レンジで”チン”するだけの冷凍食品は、忙しい朝には大活躍ですよね!おいしくて種類も豊富だから、ついつい冷凍食品にお世話になってしまいます。
本日のテーマは『朝ラクチン♩ささっとできる手作りお弁当』。今回は予め食材に味付けや作り置きをして、当日の朝は短時間で作れる冷凍食品に頼らないお弁当レシピをご紹介します。皆さんのお弁当作りのお力になれれば幸いです!

豚肉の味噌漬け焼き 

【材料】2人分

豚ロース肉(薄切り)・・・150g
割烹がえし・・・大さじ2
昔ながらの天然醸造 米みそ・・・大さじ1
サラダ油・・・適量

【作り方】

1.米みそ、割烹がえしをチャック付ビニール袋に入れて混ぜる。

2.1に3~4cm幅に切った豚肉を入れて揉み込み、空気を抜いて封をする。冷蔵庫で保存し15分程度漬け込む。

3.サラダ油を入れて熱したフライパンに2を入れ、焼き色がつくまで中火で焼く。
上下を返し、肉に火が通るまで弱火で3分程度焼く。

*ポイント*
前日に漬け込んでおくと、翌朝焼くだけなので、お弁当作りもスムーズに。
その場合は味がよりしっかりつくので調味料を減らして調節してください。

パプリカとしめじのカレー炒め

【材料】2人分

しめじ・・・1/4房
パプリカ(赤)・・・1/2個
パプリカ(黄)・・・1/2個
カレー粉・・・小さじ1/2
えろーうもおてごめんつゆ・・大さじ1/2
塩、こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・適量

【作り方】

1.パプリカは繊維に沿って細切りにする。しめじは石づきを取ってほぐしておく。

2.フライパンにオリーブオイルを熱してパプリカとしめじを入れ、火が通るまで炒める。

3.2にカレー粉とえろーうもおてごめんつゆを入れ、粉っぽさがなくなるまで炒める。
仕上げに塩、こしょうで味を調える。

*ポイント*
前日に作って保存容器に入れ冷蔵保存しておくと、翌朝は詰めるだけなので負担も減ります。

煮卵

【材料】3個分

卵・・・3個
えろーうもおてごめんつゆ・・・適量

【作り方】

1.沸騰した湯に卵を入れて、中火~強火で7~8分茹でる。
※茹で上がったらすぐに冷水につけることで余熱で黄身に火が通り過ぎる心配がありません。

2.1の殻をむき、チャック付ビニール袋に入れて卵が浸る位までえろーうもおてごめんつゆを入れ、1時間ほど置く。

*ポイント*
味をしっかりと染み込ませたい方は前日に漬け込むのもおすすめ。

詰め方

1.お弁当箱にごはんを詰める。
2.カップを置く。
3.カップの中に「パプリカとしめじのカレー炒め」を詰め、隙間に「煮卵」を詰める。
4.ごはんの上に「豚肉の味噌漬け焼き」をのせる。
※グリーンピースを散らすと彩りが良くなります。

 

編集後記

今回は、前日に準備をすることで当日は簡単に作れるお弁当レシピをご紹介しました。忙しい朝でも、仕上げに「煮卵」の上に黒ごまを散りばめることで、ひと手間かけたように見えます!また、「豚肉の味噌漬け焼き」の上にグリーンピースがあるだけで彩りが良くなり、食欲がそそられるお弁当に。
今回使用した曲げわっぱのお弁当箱は木目が美しく、おしゃれでよりおかずがおいしそうに見えるんだとか。お弁当箱にこだわってみるのもいいかもしれません。

豚肉の味噌漬け焼きで使用

パプリカとしめじのカレー炒めで使用

使った商品はこちら

煮卵で使用

使った商品はこちら