人気アイテムでつくる!おにぎりバリエーション

日本人のソウルフードといっても過言ではないおにぎり♪
今やコンビニエンスストアでも人気商品の一つになっていますね。
おにぎりは具材を変えるだけで、幾通りものバリエーションが広がり、可能性は無限大!!
おうちでつくるおにぎりは、誰かのために用意されるものが多いのでは?
作り手の愛情と、エールがこもったおにぎりを食べると元気100倍ですね。
今回は兵四郎の4つの人気アイテムと組み合わせてつくる「兵四郎米」おにぎりバリエーションをご案内いたします。

★おすすめポイント★
「兵四郎米」は冷めてもおいしいから、白米&玄米どちらでもおすすめ♪

*白米:保水力が高く、みずみずしくて甘みのある白米は、どんな具材にもよく合うので
    おにぎりにぴったり。米そのもののおいしさをご堪能いただけます。
*玄米:ぷちぷちとした食感で食べごたえがある上、胚芽やぬか層にはビタミンB群などがたっぷり。
    シンプルな具材でも、これひとつでしっかり栄養補給できます。

「昔ながらの天然醸造 米みそ」をつかって。

甘口のやさしい味わいで、兵四郎米との相性はバツグン!

「あご入減塩だし」をつかって。

袋を破って混ぜるだけで、おいしさも栄養も満点のおにぎりに。

 

「えろーうもおてごめんつゆ」をつかって。

薄めずだし醤油として使えば、どんな具材にもマッチします。

「割烹がえし」をつかって

コク旨な味わいで、止まらないおいしさに仕上げます。

編集後記

おにぎりは慌ただしい朝食や、お弁当、おやつ、夜食など、あらゆるシーンで大活躍。おにぎりを食べると、思わず頬がほころび、ホッとします。古くから親しまれてきたおにぎりは、これからもずっと愛されていくのでしょうね。
食べものはからだをつくります。毎日食べる米だからこそ、農薬・化学肥料不使用のものを選びたいもの。
噛むほどに米の甘みが広がり、もちもちした食感の「兵四郎米 白米」、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な「兵四郎米 玄米」。お好みに合わせてお選びくださいませ。

「昔ながらの天然醸造 米みそ」をつかったおにぎりで使用

「あご入減塩だし」をつかったおにぎりで使用

「えろーうもおてごめんつゆ」をつかったおにぎりで使用

「割烹がえし」をつかったおにぎりで使用