おうちで楽しむ カフェごはん


“「キッシュ」ってオーブン料理なので手間がかかりそう。”“カフェなどで食べる料理だよね…。”
そんなイメージがありますが、冷凍パイシートを使えばご家庭でも簡単につくれます。
家によく常備している卵に牛乳、野菜、ベーコン、チーズなどでできるので、特別に食材を用意しなくてもOK!
見た目は豪華に見えますが、実はコスパのよい料理なんです。
野菜もたっぷり入っているのでこれ一品でも満足感があり、おうち時間を楽しむ日のブランチにも最適ですね。
付け合わせに「にんじんサラダ」を添え、ワンプレートに彩りよく盛り付けると、テーブルも華やかになり気分まで明るくなります。
ぜひご家庭でもつくってみてはいかがでしょうか。

「キッシュ」は、フランスのロレーヌ地方に伝わる家庭料理で、パイ生地やタルト生地の上に野菜やベーコンをのせ生クリーム(または牛乳)を加えた卵液を流し入れ、オーブンで焼いてつくります。
ロレーヌ地方で5月に行われる、春の訪れを祝うお祭りで欠かせない食べ物がキッシュ。
華やかな見た目や三角に切り分けてみんなで分けあって食べるスタイルも、おもてなし料理としてお祝いの席にピッタリですね。

アスパラとじゃがいものキッシュ


【材料】(直径18cmパイ皿

アスパラガス・・・5~6本
じゃがいも・・・1個
玉ねぎ・・・半分
しめじ・・・1/2パック
ベーコン・・・80g
ピザ用チーズ・・・適量
野菜の旨みだし・・・1袋
冷凍パイシート・・・2枚
サラダ油・・・少々
A.
卵・・・2個
牛乳・・・100㏄

【作り方】
1.オーブンは200℃に温めておき、冷凍パイシートは常温で20分ほど解凍しておく。Aは混ぜ合わせておく。
2.アスパラガスは根元のかたい部分の皮を剥き5cmの長さに切って下茹でする。じゃがいもは1cm角に切り、電子レンジ(600w)で2分加熱する。ベーコンは1cm幅に、玉ねぎはくし切りにする。しめじは1房ずつにほぐす。
3.フライパンにサラダ油を熱し、ベーコン、玉ねぎ、しめじ、じゃがいも、アスパラガス、野菜の旨みだしを破り入れる。軽く炒め合わせ火を止めて粗熱を取る。

4.パイ皿に伸ばしたパイシートを敷き詰め、フォークで穴をあけ冷蔵庫で冷やしておく。
5.4に3を入れる。
6.Aを5のパイ皿の8分目まで注ぐ。
7.6にチーズをのせ予熱をしたオーブンに入れて25分間焼き色が付くまで様子を見ながら焼く。
(表面が焦げそうなときはアルミホイルをかぶせてください。)
8.7の粗熱が取れたら型から外して切り分ける。

※パイ皿がない場合は、オーブン対応のグラタン皿で代用できます。
※パイ生地が緩まないようにのせる具材は冷ましておいてください。

にんじんサラダ

【材料】2人分
にんじん・・・1本
塩・・・少々
A.
兵四郎のあわせ酢・・・大さじ2
オリーブオイル・・・大さじ1
ブラックペッパー・・・少々

【作り方】
1.にんじんは皮を剥き、ピーラーで薄くスライスする。
2.1に塩をふって10分ほどおいて水気を絞る。
3.ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、2を加えて和える。

編集後記

“キッシュは普段の料理に比べると大変”と思う方も多いかもしれませんが、思いのほか簡単で料理初心者でも手軽につくれます。オーブンで焼いている間にサラダやスープなど準備すると、1時間ほどでカフェごはんが完成します。
焼き上がりの香りに食欲をそそられますよ。ぜひご家庭でも挑戦してみてください。

アスパラとじゃがいものキッシュで使用

使った商品はこちら

にんじんサラダで使用

使った商品はこちら